< ストーリートップに戻る

心を満たす、非日常のひとときを。SAKE HUNDREDが楽しめるホテル

SAKE HUNDREDの商品は、最高峰のクオリティと一流のサービスを提供するホテル・レストランでもお楽しみいただけます。今回はその中から、客室・料理ともに洗練された体験を提供する3つのホテルをご紹介します。

ふふ 熱海『木の間の月』 (静岡・熱海市)

日本各地に展開するスモールラグジュアリーリゾート『ふふ』。同ブランドの中でも、すべての客室に源泉掛け流しの露天風呂を完備し、日本旅館ならではのサービスとホテルのプライベート性を兼ね備えるのが、『ふふ熱海』です。

SAKE HUNDREDをお楽しみいただけるのは、このふふ熱海の隣接地に2021年4月に開業したふふ熱海 別邸『木の間の月』。全室にプライベートガーデンテラスを備え、ふふ熱海のもつプライベート性をさらに高めつつ、よりラグジュアリーさを表現した空間です。

ふふ 熱海『木の間の月』で提供いただいているのは『百光 別誂』と『天雨』。ブランドコンセプトやSAKE HUNDREDの姿勢に共感いただき、お選びいただきました。

ふふ 熱海『木の間の月』 シニアマネージャー 八木のぞみ氏

ふふ 熱海『木の間の月』 (シニアマネージャー 八木のぞみ氏)より

当館では会席料理、鉄板焼を提供してまいりましたが、この度、割烹を交えた鮨業態を展開することになりました。古き良き日本文化を発信していくうえで、単においしいというだけではなく、新しい取り組みを取り入れていくことが重要と考えており、SAKE HUNDREDのスタイルと共感できると思い導入いたしました。

鮨割烹「海の悠波」では、会席料理と鮨の融合を図っており、中でもおひたしや煮物などシンプルな料理に合わせてお召し上がりください。

ふふ 熱海『木の間の月』
所在地:静岡県熱海市水口町11-48
Webサイト:ふふ 熱海

ザ・キャピトルホテル 東急 日本料理『水簾』 (東京・永田町)

徳川歴代将軍の氏神として江戸城を守護してきた歴史を持つ日枝神社。そのすぐそばに立ち、都会の喧騒を忘れる上質な時間と四季の移ろいを感じる空間を提供するのが、『ザ・キャピトルホテル 東急』です。日本を代表する建築家・隈研吾氏がロビーや外観などをデザインし、氏の得意とする木や水といった素材を中心に空間を構成しています。

SAKE HUNDREDがお楽しみいただけるのは、メインダイニングの日本料理『水簾』。伝統的でありながら創意工夫を凝らした懐石料理を中心に、寿司、天麩羅、鉄板焼なども提供。お祝いごとや接待などにも重用されています。

ザ・キャピトルホテル 東急 日本料理『水簾』 で提供されているのは『百光』。ブランドコンセプトに共感いただき、お取扱いただいています。

ザ・キャピトルホテル 東急 日本料理『水簾』 板長 柘植実氏

ザ・キャピトルホテル 東急 日本料理『水簾』より

百光は、クリアでクリスタルを連想させる外観、白桃や洋梨のような果実のフレーバーとともに白い花やスパイシーなニュアンスが心地よく漂い抜けてゆきます。ストラクチャーがあり、酸味、果実味、アルコールのバランスが優れ幅広くお料理に相乗するため、新しい発見を探る知的好奇心を触発するお酒です。

10℃以下では、旬の食材のお造りと岩塩、燻したのどぐろや鮪の握りなど脂ののった魚とのペアリング。15℃前後の白ワインに近い提供温度では、白魚と蕨の玉子とじ鍋、鮑の鉄板焼、山葵と醤油を組み合わせれば上質なフィレ、サーロインとの相性が楽しめます。

天麩羅では旬素材ごとにお塩のバリエーションとともに合わせれば心地よい季節を感じ取れます。

ザ・キャピトルホテル 東急 日本料理『水簾』
所在地:東京都千代田区永田町2-10-3 ザ・キャピトルホテル 東急 3F
Webサイト:日本料理「水簾」- ザ・キャピトルホテル 東急

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 日本料理『木の花』 (神奈川・横浜市)

世界最大のホテルチェーン、マリオット・インターナショナルが手がけるプレミアムホテルブランド『シェラトン』。その中で、横浜駅西口より徒歩1分の好立地に立つ地上28階建て全348室のホテルが『横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ』です。

SAKE HUNDREDがお楽しみいただけるのは、日本料理『木の花』。建物の8階に位置しながら、季節と共に表情を変える日本庭園を眺めつつ、寿司・天ぷら・会席など本格和食をお楽しみいただけます。

商品コンセプトへの共感から、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 日本料理『木の花』では『百光 別誂』が提供されています。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 日本料理『木の花』 日本料理総料理長 富田正己氏

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 日本料理『木の花』(日本料理総料理長・富田正己氏)より

「100年先まで光照らすように」という想いが込められた新たな挑戦や人生の祝福など、特別な瞬間にふさわしい“未来への光”を表現する銘柄が和の神髄を表現する日本料理を堪能していただく食中酒として合うと感じました。また、日本料理『木の花』にご来店されるお客様の層に合致しており、他では味わえないマリアージュを愉しんでいただけると期待しております。

ワインを思わせるようなフルーツ系の香りと滑らかな口当たりで飲みやすいため、食事初めの先附や、お店の味が問われるお造りなどに合わせてお楽しみください。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 日本料理『木の花』
所在地: 神奈川県横浜市西区北幸1-3-23 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 8F
Webサイト:日本料理「木の花」- 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

非日常の体験のなかで、心を満たす瞬間を。

SAKE HUNDREDの目指す『心を満たし、人生を彩る』ような体験には、ただお酒だけがあれば良いのではありません。洗練された空間、料理とのペアリング、グラスを囲む人との関係、そして、それらを楽しむ時間そのものが素晴らしくなければいけません。

今回ご紹介したホテル・レストランは、いずれもそれをお約束できる場所です。是非、それぞれのお店で心を満たす体験をお楽しみください。

※恐れ入りますが、各店の在庫状況はご来店前に直接各店舗までお問い合わせください。